職員室の声

職員室の声

 

 

鹿児島第一中学校・高等学校職員が、週2回、リレーでお届けするフリーメッセージです。

 

チーム(坂口)

2019-08-30

 

 今年の第101回全国高等学校野球選手権大会は47都道府県で3730校が参加し,大阪の履正社高校が優勝を手にしました。数多くの高校野球部員がいる中,各学校ベンチ入りできる選手の人数は限られています。部員が多いところは,いろいろな方法でベンチ入りを決めます。例えば,結果をだしている選手を優先する方法,努力をしている選手を優先する方法,各学校,指導者によって様々ですが,強豪校と言われる学校でよく聞くのは,選手に投票させる方法です。指導者が見ているグラウンドだけでなく,普段の学校生活や日常生活の中で,こいつだったら信頼できるというメンバーを投票し選出していく方法があります。全国優勝の経験がある監督さんに話を聞いたとき,常に裏表なく一生懸命練習に取り組み,周りの選手に思いやりをもって行動し,お互いが良い雰囲気の中,日々高めあって練習ができ,試合に挑むことができるようになると教えていただきました。

 

 

 1つのチームという点では,学級も学年も,学校も似ているのではないかと思います。本校でも文化祭が近づいてきました。どのクラスも準備から片付けまで自分の意志で自主的に協力して思いやりをもって行動していけばきっと素晴らしい文化祭になることでしょう。そういう雰囲気を全員で創りあげていける「チーム」を目指したいものです。

 

 

(文責;坂口)